小豆島の移動手段は観光タクシーを使おう

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島の一つで、香川県のほか岡山県や兵庫県などからもフェリーで訪れることができます。島内には電車が通っていないため、移動手段はバスかタクシー、レンタカーのいずれかになります。しかし、どの方法も島内を自由に巡るには不安が残るため、もし巡るなら観光タクシーの利用が最適です。

観光タクシーについては詳しくない人も多いかもしれませんが、さまざまなメリットを持つ移動手段です。特に大きな利点となるのが、時間制という点です。一般的なタクシーの場合、時間と距離によって数十円ずつ加算されていきます。そのため、長距離で利用すると料金が高くなりがちです。対する観光タクシーは予約時に利用時間を決め、以後料金が変動することはありません。

小豆島にはバスもあるものの、各スポットは点在していますし、バス停から遠いこともあるため、行ける場所は限られています。観光タクシーはどこでも行けますし、バスのような待ち時間も不要です。また、天候に左右されないこともメリットと言えるでしょう。小豆島はレンタサイクルのサービスがあり、サイクリングをしながら島内を回ることもできます。直接行きたい場所まで行くのも不可能ではありません。ただし、雨の日など天気が悪い時のサイクリングは難しくなります。観光タクシーは車での移動になるため、天候の影響をいっさい受けません。それに直接目的地まで行けるので、たとえ雨の日であっても濡れずに済みますし、快適な観光が楽しめます。

自転車で散策をするとなると、荷物の問題もあります。例えばお土産を買い込んでしまった場合、持ち運ぶのに一苦労します。一方の観光タクシーはお土産を買い込んだとしても、わざわざ持ち運かずに済みます。買ったお土産や荷物は車の中に置いておけるため、最小限の荷物で観光地を回れます。

なお、車内は冷暖房が効いているので、過ごしやすいことも観光タクシーのメリットです。例えば真夏の気温が高い日は、車内で冷房が効いているため、移動中に火照った体をクールダウンすることができます。反対に冬の寒い時は体を暖めたり、車内でリラックスしたりすることが可能です。レンタカーでも同じように車内は快適ですが、自分で運転をしなくてはなりません。運転に集中する必要があることから、リラックスは難しいでしょう。

観光タクシーなら快適な旅が楽しめます。他にも移動方法はさまざまありますが、費用やメリットを考慮すると観光タクシーの利用がおすすめです。